えふじん

よく生きるためのきっかけ探し。自由を求めて。

女ひとりで大阪王将に行ってみた。体験談と感想。

先日、急に餃子が食べたくなりました。それも、王将の餃子が。
いろんなところでおひとりさまを経験している私ですが、さすがに王将は未体験。

でも、どーしても食べたくなったので行ってきました!前回の一人焼肉に引き続き、今回は一人餃子の報告です。

 

前回の焼肉はこちら↓

 

訪れたのは家から数駅離れたところにある大阪王将。本店が京都にある「餃子の王将」の方がメジャーだけど近くになかったので断念。ま、入りにくさは同じでしょ。

 

はあ、今回も外観の写真を撮るのをすっかり忘れていました。
赤い提灯が連なるけっこう派手な外観。やっぱりちょっとためらってしまいます

 

自動ドアを開けると目の前には丸イスのカウンターが。両端におっちゃんが座って黙々と餃子を食べていました。

 

ちなみに訪れたのは日曜日の閉店1時間前。想定どおり人は少なめでひとまずほっとした。でもこのおっちゃんたちの間に座るのか、、とちょっと躊躇してたところに店員さんのナイスフォローが。

 

お2階でも大丈夫ですよ

 

そう言われてさらにほっとして2階へ上がる。2階の方が人は少なく、だれも座っていないカウンター席に案内されました。まわりを見てももちろん女性ひとりは私だけ。でも別にだれも気には留めません。意外といけるな、という感じ。

 

f:id:miyako2911:20170320233903j:plain

(photo by author)

f:id:miyako2911:20170320234146j:plain

(photo by author)

 

餃子は2人前、と決めていたからメニュー選びにはそんなに迷わず餃子とハーフ炒飯がセットになった定食を頼みました。

 

f:id:miyako2911:20170320234305j:plain

(photo by author)

 

まずは炒飯が来る。セットの炒飯は五目炒飯ではなく卵炒飯。シンプルだけどおいしい。もぐもぐ食べる。

 

f:id:miyako2911:20170320234418j:plain

(photo by author)

 

しばらくして餃子がきました。大き目の、こんがり焼けたおいしそうな餃子。これが食べたかった。

 

f:id:miyako2911:20170320234717j:plain

(photo by author)

 

壁の張り紙には「まずは何もつけないで食べてください」と書いてあったから、一つ目は何もつけずに食べました。まあおいしい。でもやっぱり餃子のたれをつけて食べたほうがおいしいな、とか思いながら箸をすすめていたら、横から店員さんの手。

 

味噌だれもありますよ

 

f:id:miyako2911:20170320234536j:plain

(photo by author)

 

味噌だれがやってきた。しゃぶしゃぶにつけるような味噌だれ。1つだけつけてみた。これもまあおいしい。でもやっぱり餃子のたれをつけて食べたほうがおいしいな、と思った。1回こうだと決めるとそればっかりになってしまう癖がある。なんでも。

 

そんなこんなで餃子と炒飯を一人でもくもくと食べていた。うしろのおじさんたちの会話を聞きながら。イタリアンのお店ではまあ聞けないような話。おもしろい。

 

おなかいっぱいになりながらも完食しました。食べた後に、これって糖質と糖質だ、と気づく

 

f:id:miyako2911:20170320233711j:plain

 

一人ではいけないとずっと思っていた王将、実際行ってみると全く問題ありませんでした。思い込みって怖いですね。王将の餃子を一人で食べたいと思っているみなさん、勇気をだしてぜひ行ってみてくださいね。1回行けばこっちのものです。

 

おわり。