えふじん

よく生きるためのきっかけ探し。自由を求めて。

女性は飲み会でサラダを取り分けるのをもうやめよう

f:id:miyako2911:20170320235419j:plain

こんにちは。やゆよです。

私は新入社員なので、この1年間さまざまなサラダを取り分けてきました。
飲み会でサラダを取り分けなければならないシチュエーションに出くわすたびに、自分で取れよ!と叫んでいます(心の中で)。
他に新入社員がいても、男の同期は何もしない。女性のお仕事になっていますよね。

でもなぜ、女性がサラダを取り分けることになっているのか。

 

尊敬もしていないような人々にサラダを取り分けなくていい日は来るのだろうか。今日はそんなお話。

 

 

 

女性がしたほうが(男性が)嬉しいから

 

サラダを取り分ける状況になったとき、男の同期は決まってこう言います。

 

いや、だって女性がやったほうが嬉しいからさ

 

これだけ男女平等が謳われているこの時代、「女性がすべきだ」とはもう誰も言いません。今私たち女性がサラダを取り分けなければいけないのは、男性にとってそのほうが嬉しいからだ。

 

この同期の新入社員はそれが分かっているから、上司のおじさまたちに気を利かせてこう言っているんだと思う。

 

女性が取り分けたほうが嬉しいから

 

これは確かに「料理を取り分けるのは女性の役目である」とかいうあからさまな女性蔑視ではない。ただ単に自分が「嬉しい」から、同じ新入社員でも女性社員のほうに取り分けてほしいのである。

 

「嬉しい」という感情自体は、罪ではありません。

 

だから別に女性を下に見ているわけではないし、部下は上司を喜ばせたほうがいいんだし、だったら野郎よりも女の子にサラダを取り分けてほしい、彼らの主張はざっとこういうことです。

 

つまりそこには悪意がないのです。悪意がないんだから、悪いことじゃないんだから、女性にしてもらったっていいじゃないか、というわけだ。

 

嬉しいのは「当たり前」

 

女性にとってみれば、いくら悪意がないにしろ別に尊敬もしていない男性に料理なんか取りたくないしお酒も注ぎたくありません

 

でも男性からしたら、そうしてもらった方が嬉しいんだし、別にサラダ取ってお酒注ぐぐらい何の雑作もないだろう、という感じでしょうか。

 

このギャップがなかなか埋まらないのはなぜか。

 

それは、男性の「嬉しい」という感情が、男性にとって「当たり前」だからだ

 

たとえば私たちは、「信号は青で渡る」ことが当たり前だと思っている。
それなのに、急に誰かが「信号は青で渡っちゃだめなんだよ!」と言ってきたとしたらどうだろう?

 

きっとこう思うはずである。

 

え????

 

え??なんで???青で渡るのが当たり前じゃん!何言ってんのこの人。頭おかしいんじゃない??

 

まあここまで思わなくても、少なくとも言っていることは理解できないはず。

「信号は青で渡る」のが当たり前だし、それを疑ったこともない

 

「料理は女性に取り分けてもらったほうがいい」という考え方はこれに似ているんじゃないかと思うのです。

 

つまりおじさんの頭の中はこんな感じ。

 

え??いや、女性差別はそりゃだめかもしれないけど、料理は女性に取ってもらったほうが嬉しいのは当たり前じゃないか、一体何がだめなの??

 

私は典型的な日本企業に入社していろんな男性と接してきましたが、何を言ってものれんに腕押し状態で、なんでかなーって考えたときにひらめいたのでした。

 

あ、この人たちには何を言っても無駄だ。「女性が料理を取る」のも「テーブルには1人女性がいたほうがいい」のも「俺の隣は女性がいい」のもみーんな「当たり前」なんだから、そうじゃないことを言っても理解ができないのだ

 

「当たり前」だから、声に出して「このテーブルに女性がほしいなー」とか言っちゃうことにも何の違和感もない。もちろん、それで女性が嫌な気分になっていることなんて想像もできない

 

だって嬉しいんだもん

 

プラスの感情を抑えなければいけないなんて、いったい誰が考えるだろう。

 

サラダを取るのは女子力か?

 

いくら男性が嬉しいからといって、女性側に喜ばせる義理なんて全くありません

 

でもよく巷では「女子力」とか「男性にモテるテクニック」が大事だとかいって、「飲み会で料理を取り分けること」が女子力のひとつともなっている。

 

これは、男性の「嬉しい」を掻き立てる。そうしてもらうと「嬉しい」から評価が上がるのだ。

だから、男性にモテたい女性は女子力を上げるためにこぞってサラダを取ろうとする。サラダの争奪戦である。

 

それがだめなのだ、と私は言いたい

 

そんな小手先だけの技術でその場だけの評価を得たところでそれがいったい何なのだろう。そんな上辺だけの「女子力」を磨く女性も、そんなことでしか評価ができない男性も、所詮そこまでだ

 

女性がサラダを取らなくてもよくするには、一部の男性の「当たり前」を崩していかないといけないのに、それに媚びていてはいつまでもこのままである。

 

小手先の技術(女子力)で男性の評価を得ようとする女性のせいで、自立した女性も延々とサラダを取り続けなければいけない。まあもちろん、本人たちがそれでいいなら女子力ごっこを楽しむのもいいかもしれないけど。

 

経験上、おじさんたちの「当たり前」は不治の病だと思う。どんな理論も打ち勝つことはできない。

 

だから、女性はもうサラダを取るのをやめよう。

 

おわり。